トップ > 悩み別に選ぶ脱毛サロン > 冷却ジェルを使用しない > 冷却ジェル不使用で寒くない!時間短縮!横浜の脱毛サロン

冷却ジェル不使用で寒くない!時間短縮!横浜の脱毛サロン

多くの脱毛サロンでは、光脱毛を行う前に冷たくひんやりとするジェルを塗ります。 ジェルを肌に塗布することで、脱毛マシンが発する毛根を破壊する熱から肌を保護します。これにより、肌へのダメージや脱毛時に感じる痛みを軽減することができます。

ジェルを塗布せずに施術を行ってしまうと、光の熱で肌が強い痛みを感じ、肌が火傷を起こす原因にもなります。ちなみに、医療レーザー脱毛では光脱毛よりも強い光を使うので、冷却ジェル等で肌を保護することがより大切になります。

脱毛を受けた方のなかには、
ジェルの冷たさで体全体が冷えて寒い
ジェルを塗った後、肌にべたつく感じが嫌だ
など、冷たいジェルに対して苦手意識を感じる方が多いのも現状です。

そんな方におすすめなのが、冷たいジェルを使わない脱毛サロンです。 冷却ジェルの代わりに、冷却機能が備わった脱毛マシンを使ったり、ジェルの代わりに冷却材で冷やすことで肌を守ります。冷却装置で冷やしたら寒く感じるのではと思うかもしれませんが、冷やすのは光を照射する部分だけなので体全体が冷えることはありません。冷却ジェルを塗る場合は、広い範囲に塗るので寒く感じます。

冷却ジェルを使用しないメリットは体がひえないだけではありません。次のようなメリットもあります。、
施術時間が短縮でき、予約がとりやすくなる
ジェルを塗る作業分、料金が多少安くなる
というメリットがあります。

施術料金が多少安くなるのも魅力ですが、脱毛サロンの混雑時によくある、予約がとりにくい状態を防ぐことができるのも魅力です。 ジェルを塗る作業が省略されて施術時間が短縮できるので、その分1人にかかる時間が短くて済みます。そのため、短縮した時間の分だけ多くの人に対応できるようになり予約がとりやすくなるのです。

脱毛サロンの予約がとりづらい状況に不満を持っている方にも、冷却ジェルを使わない脱毛サロンがおすすめです。

多くの脱毛サロンでは、光脱毛を行う前に冷たくひんやりとするジェルを塗ります。 ジェルを肌に塗布することで、脱毛マシンが発する毛根を破壊する熱から肌を保護します