トップ > 部位別に選ぶ脱毛サロン > VIOライン脱毛 > デリケートゾーンの自己処理による肌トラブルとは?

デリケートゾーンの自己処理による肌トラブルとは?

デリケートゾーンは皮膚が薄いだけでなく、蒸れやすいので肌トラブルのリスクを高くします。自己処理をすると皮脂を除去しすぎてしまい、炎症を招くことが少なくありません。カミソリで剃ることでメラニン色素の産生を活発にして、黒ずみを誘発してしまう可能性もあります。毛抜による処理は鳥肌・埋没毛などを招くので、ここは十分に注意してください。 自己処理をしても最初のころは問題が発生しにくいですが、トラブルのリスクは年齢に応じて高くなります。20代より30代のほうが肌トラブルが起こりやすいので、ここは十分に注意してください。デリケートゾーンの肌トラブルはひとたび発生すると解消に時間がかかるので、予防対策をしておくことが重要です。
デリケートゾーンは皮膚が薄いだけでなく、蒸れやすいので肌トラブルのリスクを高くします。自己処理をすると皮脂を除去しすぎてしまい、炎症を招くことが少なくありません